介護ホームを利用できる人とは

  • 介護ホームを利用できる人とは

    • 介護を必要とする方に人気があるのが、介護ホームです。介護ホームと呼ばれる施設には、いくつか種類があるのを知っていますか。まず、最近増えているのがグループホームです。



      認知症対応型共同生活介護といい、入居出来るのは認知症の診断を受けた方のみとなります。


      1ユニット9名という少人数で、家庭的な雰囲気の中で生活する事ができます。


      地域密着型という名称通り、住民票の登録がある地域の施設にしか入居する事が出来ません。



      慣れ親しんだ地域で、生活をする事で認知症の進行を緩やかにしようという考えに基づき設定されています。


      家族が離れている所に住んでいる為、必ずしも希望する地域のし説に入る事が出来ない可能性もあります。

      そんな方に人気があるのが、特定施設入居者生活介護と呼ばれる有料老人ホームです。特定の疾患に限らず、希望する方は入居する事が出来ます。



      住民票の所在地も設定されない為遠方の家族を呼び寄せて入居させる事もできます。最後に、専門亭な医療行為が必要になった場合に人気があるのが特別養護老人ホームです。


      施設の人員基準に、看護職員が居るのはもちろん、医師の配置も義務づけられています。ですので、常時医療行為が必要となる方でも安心して利用する事が出来ます。


      グループホームでは、基本的に医療行為を行う事は出来ませんので、状態が重篤な方については入居する事ができない、断られてしまう事もあります。介護ホームを選ぶ際には、入居希望者の体調や状態に合わせることが大切です。

  • 関連リンク

    • 家族が高齢化から介護が必要になった時に、どのような手順で勧めて行けばいいか熟知している方は少ないのではないでしょうか。仕事で介護関係の仕事をしていても、介護保険を利用出来るようになるまでには多くの手続きを必要とします。...

    • 介護が必要になった家族を自宅でずっと介護したいけれど、現実的にはかなりの負担を家族に強いるケースが多く大きなストレスを抱えている家庭も少なくないのではないでしょうか。場合によっては、24時間介護が必要となる為家族の誰かが仕事を辞めてつきっきりでケアをする必要があるため、キャリアを諦めなければならなかったり経済的にも厳しくなるケースが増えています。...